>脚本: 丑尾健太郎